2014年08月12日

夏コミ『艦これ仕事術』発行です!

夏コミ新刊『艦これ仕事術』(『オタクの仕事術3』)ができました!
●17日(日)Pー54aサークル「ビバ!メガネくん」
『艦これ』の艦隊編成、遠征などをヒントに、
仕事を楽しく効率良くするための〈タスク運用メソッド〉にしました。
ゲームをやってない人でも全然大丈夫です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・時間という定量を把握する
・「取りかかりが肝」タスクの組み替えで楽しさを作り出す
・できなくなったときに、モチベーションを復活させる方法
・制限がやる気をもたらす

このほか、「仕事相手と、どうやりとりするか?」などコラムも多数。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〆切と戦いながらやってきたライターの悪戦苦闘を
メソッドにした既刊『オタクの仕事術1』と『2』も頒布します。
両方お読みになると、より面白いかなと思います。
他にも昨夏に出した『オタク的マーケティング』も持っていきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

表紙大.jpg
本文02大.jpg本文03大.jpg本文04大.jpg
posted by 渡辺由美子 at 11:39| Comment(0) | 同人誌情報

2014年04月12日

スコットランドのスプリングパーティ

スコットランドと日本の親睦を深めるスプリングパーティに行ってきました。

パーティ俯瞰.jpgパーティ様子.jpg
とても気さくな集まりで、英語ができない(のに参加した!)私や友人も楽しくお話しできました。

バグパイプ.jpg

バグパイプを吹いて下さった方は、学生時代からもう30年やっていらっしゃるということでした。
「『キャンディ・キャンディ』の『丘の上の王子様』や『アンソニー』、女性の方からよく話が出るんですよ」とのこと。

私も持たせてもらいました。こ、これが王子様の楽器…!
バグパイプを持った写真.jpg

東京タワー.jpg

場所は西麻布のパラボラというお店。最上階のバルコニーから東京タワーが見えました。
なんだか夢のような時間でした。

「スコットランドの人はすごく温かい」というイギリス留学経験のある方のお話が印象的でした。
あと、その土地土地によって違う歴史があると改めて感じたり。

……今度こうした催しに行くときは、英語をもっと話せるようになりたいです!(笑)
posted by 渡辺由美子 at 23:38| Comment(0) | 雑談

2014年03月24日

渡辺由美子プロフィール

《渡辺由美子プロフィール》
■略歴:愛知県生まれ。椙山女学園大学を卒業後、映画会社勤務を経てフリーライターに。アニメをフィールドにするカルチャー系ライター。

■仕事:カルチャー系ライター。専門はアニメーション。(フリーランス)

■仕事傾向:アニメ、ビジネス、仕事術、理系文系や男女の差異などを記事にしています。抽象化した分類表もよく作ります。こんな感じです

●アニメーションにからめたビジネス記事。
「アニメ」×「ビジネス」という組み合わせで、マーケティングや組織論などについてインタビュー記事を書いています。
ASCII.jp『誰がためにアニメは生まれる』(ASCII.jp/web)

日経ビジネスオンライン『アニメから見る時代の欲望』(日経BP社/web)

●異分野同士を繋ぐこと。「問題」を抽象化して「わかった!」から「役に立つ」にまで落とし込むこと。
アニメ×ビジネス、理系男子×文系女子、クリエイティブ×時間管理術、オタク×ファッション等々。ご相談下さい。
・日経ビジネスオンライン/【著者に聞く】「ワタシの夫は理系クン」鼎談
「理系クンが書くマニュアルが読みづらい理由」

・「週刊SPA!」「あの凄腕ビジネスマン、クリエイターの机が見たいーっ!!」(01年9月26日号)
「散らかった机の分類表」作成等を担当しました。
担当編集者は梶原治樹さん。この机特集について語っています

●アニメ・カルチャー誌の記事
スタッフ取材記事と、評論原稿があります。
・「オトナアニメ」(洋泉社)、「Febri」(一迅社)、「アニメージュ」(徳間書店)、「アニメディア」(学研)などで執筆中。

●評論、解説
「リケジョ!」(伊与原新/14年2月 角川文庫)解説
「ユリイカ」「腐女子マンガ大系」(07年 青土社)〈青少年漫画から見る「やおい」〉

●キャラクター論や腐女子ものエッセイ
「Febri」(一迅社) 連載中「妄想ふ女子ワールド!」、「アニメリコメンド」など

■著作:「ワタシの夫は理系クン」(09年 渡辺由美子/NTT出版)、「結婚ってどうよ!?」(06年 岡田斗司夫・渡辺由美子/青春出版社)ほか

■シンポジウム、トークイベント、TV出演、講演
トークイベント『メガネ男子萌え学会』企画・登壇

テクニカルコミュニケーター シンポジウム2010「理系クンが書くマニュアルが読みづらい!?」パネラー(東京・京都)

・コンテンツビジネス最前線 ジャパコンTV(BSフジ)
第4回 ジャパコン文化の発信都市の今!in東京
池袋「乙女ロード」の解説をしました。

■同人誌:企画を形にするために、コミックマーケットで同人誌を発行しています。内容は仕事術やメガネ男子や腐女子心理やキャラクター論などいろいろ。
同人誌発行リストはこちら


《過去の仕事》
こちらをご参照下さい。
posted by 渡辺由美子 at 14:44| Comment(0) | プロフィール

渡辺由美子プロフィール《過去の仕事》

渡辺由美子《過去の仕事》
1967年生まれ。椙山女学園大学を卒業後、名古屋の映画会社勤務を経て、1992年ライターを始める。
1994年 著書「声優になりたいあなたへ」(渡辺由美子/徳間書店)発行。
業界初の声優専門誌「ボイスアニメージュ」(徳間書店)創刊立ち上げメンバー。
アニメ誌「ニュータイプ」「アニメージュ」で「新世紀エヴァンゲリオン」等の担当記者。
98年 「国際おたく大学」ショタの項執筆。以降、06年まで岡田斗司夫氏の記事に協力。
98年以降、各新聞、週刊誌等にてオタクカルチャー記事を執筆。
「週刊アスキー」「週刊SPA!」「モノマガジン」「TVブロス」「産経新聞」「毎日中学生新聞」等。
2000年以降ルポルタージュを執筆開始。
「読売ウィークリー」(2000年7月23日号)「婦人服『9号神話』の呪縛に泣く」
2003年「婦人公論」「“紙の上の美少女”に走る男が増えている」(2003年11月7日号)
2006年 著書「結婚ってどうよ!?」(岡田斗司夫・渡辺由美子/青春出版社)発行。
2007年 日経ビジネスオンライン「“アンチ天才”のボトムズ流仕事術」連載
2008年〜2010年 日経ビジネスオンライン「アニメから見る時代の欲望」連載
2009年「ワタシの夫は理系クン」(渡辺由美子/NTT出版)発行。
posted by 渡辺由美子 at 00:00| Comment(0) | プロフィール

2014年03月07日

「メガネ男子萌え学会」3月8日開催です!

トークイベント「メガネ男子萌え学会」を開講します!

公式サイトはこちら!
http://meganekkokyodan.org/mdm/

一緒にメイン登壇してくださるのはお菓子研究家の福田里香さん。
福田里香さんが監修した「メガネフード」も出ます。
ゲストにはメガネっ娘やメガネに詳しい男性マンガ家さんも登場。
BL話も出ます。

昨年「メガネっ娘居酒屋『委員長』」の『メガネ男子の部』に出たのですが、
それが好評だったため、『委員長』補講として独立開催することになったのでした。

2次元から3次元まで、少女マンガからアニメまで、戦前から現在まで…メガネ男子を語り尽くします。
“学会員”(メガネ男子が好きな同志の皆さん)から募集した濃厚アンケートも発表します。

告知が遅くなってすみませんが、どうぞよろしくお願いいたします!

================================
トークイベント「メガネ男子萌え学会」

■開催日
2014年3月8日(土)18:00〜22:30
■会 場
阿佐ヶ谷ロフトA 東京都杉並区阿佐谷南1-36-16-B1 TEL:03-5929-3445
■学会費
イベントチケット 前売1,900円、当日2,200円
前売チケットはローソンチケット にて 2月8日(土)より販売(Lコード=32590)
(※当日券は出ない可能性もあります。参加超希望者は前売チケット取得をおすすめします)

―発表者―

渡辺由美子
アニメライター。サークル『ビバ!メガネくん』主宰。本講の企画者。
福田里香
お菓子研究家。TBSラジオ「タマフル」で語ったメガネ男子の歴史が評判に。
BL漫画女性編集者・I
BLマンガ編集の経験を活かしたメガネ男子萌え語りは必聴。
―ゲスト―

磨伸映一郎
マンガ家。メガネっ娘萌えトークの名手。今回は発表への受けツッコミを担当。
山本夜羽音
マンガ家。メガネっ娘萌えを熱く語るが、少女マンガにも詳しい乙女ちっく男子。
posted by 渡辺由美子 at 01:13| Comment(0) | 最近の仕事