2014年11月04日

「好きなもの」で社会を変革するビジネスモデル

PA252625.jpg
PA252635.jpg

「社会への貢献」を多くの人が意識するために
「好きなもの」をビジネスに結びつける取り組み
Over the Rainbow」原宿店のオープニングイベントに参加してきました。
Over the Rainbow」は大きく言うとこんな取り組みをしています。
ガールズがファッションを通じて
社会問題を意識&理解する
デザインや仕組みを企業に提案し
社会をより良く変えていくアクションを起こす
PA252620.jpg
主催者は佐野里佳子さん。28歳です。
ご自身が8歳で阪神大震災を経験、9歳でお父様の仕事でインドネシアで暮らしたことをきっかけに、世界にも日本にも様々な問題があると実感したそうです。
PA252649.jpgPA252610.jpg
佐野里佳子さん。オープニングイベントはショップで行われました。お店は路地奥の大きな蝶が目印!
たとえばDV、障害者雇用、難病……。
社会問題に対して取り組む団体も多いのですが、ご自身のやりたいことについては限界を感じたそうです。
・個別の問題を個別に対応する機関はあっても、
総合的に取り組もうとする団体は限られている
・「社会問題」と題すると、
その問題にもともと関心がある層しか輪に入ってくれない
里佳子さんは「社会を構成する人たちが、社会問題を自分ごとのように気づいて小さなことでもアクションを起こすこと」が大事だと考えていたのですね。
PA252618.jpg
好きな貝殻を買って、その貝に自分の名前を書く。それがショップを応援するカンパになりました。
で、ここからが本題!(笑) 私がとても共感したところなのですが(!)
みんなの「好きなもの」をツールにして、助け合いの輪を広げていく方法を里佳子さんは取りました。
その好きなものとは「ファッション」

ファッションならば、社会問題に関心がない人でも手に取ってくれますよね。
ショップで販売する服には、すべて「物語」がついています
PA252639.jpgPA252643.jpg
世界中から集められたガールズの服。それぞれに社会と関わる物語があります。
Over the Rainbow」では、
発信を主体的にしていく人たちを「ガールズ」に設定しました。
若い女の子は、感性は豊かだけれども社会的な発言力が低く、ともすれば周囲の環境に抑圧されがちな存在です。

服は世界中の「ガールズ」から買い付けており、
「物語」をまとった服を身につけることで社会問題に関心を持ってもらえればという「自分ごと」に落とし込むアクションをしています。

このほか、プロジェクトマネジメントやプロダクトデザインを学ぶコミュニティスクールを開催したり、ガールズたちのデザイン提案を企業が受け取り、一緒に社会を変えていく商品づくりをしていく取り組みも行なっています。
PA252613.jpg
PA252629.jpg
ショップは小さいけれど、素敵なものでいっぱい!もちろんガールズ自身が購入できるお値段です。ネット通販もあります。
言うは安しで「感性をビジネススキームに落とし込む」って、本当に難しいことなんですよね(私にも苦い経験アリ…)。

「ガールズたちのふわふわした言葉を変換するのが難しくて」と笑顔で話す里佳子さん。

「感性的な言葉」は、そのままではわかる人にしか伝わらない。
それを誰にでも伝わる言葉に導いたり、具体的な解決策や実施方法にまで落とし込む。

Over the Rainbow」には、ガールズを支える優秀なスタッフが男女問わず集まっています。
こうした人たちを巻き込むことで、実際のアクションにまで結びいていくところが本当にすごいと思うし、うれしく頼もしい気持ちになりますね。
PA252614.jpg
オープニングイベントにも様々なスキルを持ったスタッフが集まりました。
企業とコラボ
することは、より社会を巻き込む大きな輪にするためにもとても有意義。企業にとっても今の時代に直面している課題があって、
「消費者に賛同されるには、社会に貢献する企業であると認知されなければならない」という流れもきているのかなと。

感性+社会変革+ビジネスのマッチング
はとても素敵なことだと思います。
PA252636.jpgPA252638.jpg
オープニングイベントの翌日、15名くらいで行われたビジネスセッションには私も参加して、「Over the Rainbowの今後の方向性」というテーマについて発言をさせていただきました。(そうそうたるメンバーで緊張しましたが(笑))
PA252661.jpg
メンバーの経歴などを聞いてびっくり。皆さんすごい方たちだけれども、話すときはご自身のことだけではなく、相手のお話をじっくり聞いて下さるタイプなのですよ。ビジネスセッション当日はTVカメラも入っていました。

「好きなもの」を社会貢献に結びつける取り組みといえば、
カルチャーシーンでは、世界最大の同人誌即売会・コミックマーケットと日本赤十字が協力して行なっている「コミックマーケット 献血応援イベント」が有名です。
コミケ献血イベント.png
私自身は、「ガールズ以外」の人たちもフィーチャーされるといいなと思ってます(笑)。「好きなもの」は「おしゃれ」以外にもいろいろあるので
私はより多くの人を巻き込むには、「楽しいこと、好きなこと」が欠かせないと思っていて、それはカルチャーの役割でもあると思ったのでした。
PA252634.jpg
ガールたちにスマイル!と声かける壁のペインティング。すぐ下には鏡が置いてあるんですよ!
自分の顔を見て笑顔になること、それは自分と社会を愛することに繋がるというメッセージ…だと私は受け取りました。


=============
Over the Rainbow 原宿店

150-0001東京都渋谷区神宮前6-9-6
(東京メトロ 明治神宮前駅 7番出口より徒歩30秒・JR山手線 原宿駅より徒歩3分)
=============
ショップは開いていない日もあるかも。行かれる前には、あらかじめ公式サイトのメッセージ欄から問い合せてしておくと良いかなと思います!

posted by 渡辺由美子 at 19:52| Comment(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: